【この記事を読んでもらいたい方】
・今就職活動している方
・新社会人の方
・第一印象をよくしたい方
・身なりに無頓着な方
・会社に着ていく服・髪型などに悩みがある方

こんにちは。”ほむ”です。

中堅サラリーマン”ほむ”の経験値をもとに、
最低限のビジネスマナー「清潔感」の作り方を紹介してます。

当記事はおしゃれ初心者の方を対象にしており、
最低限おさえておくべきポイントについて紹介します。

前回は「バッグ」について紹介しましたが、
今回は「スーツ」スタイルを構成するアイテム【靴】についてお話します。
最近は、ビジネスカジュアルもかなり浸透してきましたが、基本のスーツスタイルをベースにして紹介します。

ダサいを卒業するスーツスタイルを作る方法〜靴編〜

①デザイン

靴というとカジュアルなところだとスニーカーからサンダルブーツなど
非常に多くのデザインがあります。

靴はカジュアルなシーンとビジネスシーンで、
使い分けは必須となるアイテムです。
ビジネスシーンでもカジュアルが容認されているからといって、
スーツにスニーカーはNGです。
(おしゃれ上級者が外しとして使用することもありますが、基本的にNGと思ってください)

今回はビジネスシーンで使用する「革靴」に絞り、
無難なデザイン・ブランドを紹介をしていきます。

革靴にも多くのデザインがあるのをご存知でしょうか。
以下にフォーマルなシーンで使用可能な順で記載します。

[トゥ(つま先の革)のデザイン]
ストレートチップ

プレーントゥ

ウィングチップ

Uチップ

モンクストラップ

ローファー

[羽根(靴の紐を留めている部分)のデザイン]
※ストレートチップを例に紹介します。

内羽根式

外羽根式

つまり、「ストレートチップ」の「内羽根式」が最もフォーマルとなります。
色は「ブラック」が最もフォーマルです。

冠婚葬祭のシーンでは、
「ストレートチップ」「内羽根式」「ブラック」の靴を使用すると、
ベターなので一足は持っておきましょう。
(中には他の靴を履いている人もいますが、押えておいほうがよいでしょう)

私の経験上、最低3足持っておくことをオススメします。
続けて履くことがないので、靴の痛みも最小限にできます。
(週5回通勤するとして)

私がオススメする3足のパターンを紹介します。

[とりあえず揃えるオススメ3足]
①ストレートチップ、内羽根式、ブラック 
(かっちり用)

②ウイングチップ、内羽根式、ダークブラウン 
(ちょっと外したい時用)

③プレーントゥ or Uチップ、外羽根式、ブラック or ダークブラウン 
(脱ぎ履きする時用)

③ですが、
外羽根式は脱ぎ履きしやすいので、
座敷のお店での飲み会などがある時はオススメです。
(正直、内羽根式は脱ぎづらいです。紐を外す必要あり)

②靴底

履きごごちを大きく左右する靴底ですが、
大きく素材が2種類あります。

・革底

・ゴム底

私は以下の理由から
断然、「ゴム底」をオススメします。

[ゴム底をオススメする理由]
・雨でも滑らない(革底は滑ります。雨の日に履いてはダメです)
・メンテナンスが楽(革底はメンテナンスを怠ると最悪、穴が空きます)

革底のメリットとしては、
見た目がカッコイイくらいでしょうか。
(そもそも底なので見えないので、あまり意味がないと思います)

③ブランド

続いてオススメブランドを2点紹介します。

●REGAL(リーガル)

REGALは老舗の日本のシューズブランドです。
多くのショッピングビルなどの販売店でも扱っておりますので、
ご存知の方も多いかと思います。

幅広い年齢層のから人気のブランドです。

[REGALをおすすめする理由]
・流行り廃りのないシンプルなデザイン
・堅牢かつ、利便性を考慮した機能(長く使えます)
・価格がリーズナブル(約1万円台〜)

●JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)

JALAN SRIWIJAYAはインドネシアにて製造・輸出をしているブランドです。
聞きなれない方もいるかと思いますが、高コスパ革靴で有名なブランドです。
見た目も3万円台から購入できるとは思えない高級感があります。
REGALを履いていて飽きてきた方にオススメです。

[JALAN SRIWIJAYAをおすすめする理由]
・高級靴で用いるハンドソーンウェルテッド製法で作られている
・洗練されたおしゃれなデザイン
・製法、素材から見て、非常に高いコストパフォーマンスを誇る(3万円台〜)

以上のことを実践すれば、
ダサいを卒業して「清潔感」を作るスーツスタイルを作れるはずです。

ファッションに興味ない人も多いと思いますが、
自分の気持ちを高める上で、重要なことだと”ほむ”は考えてます。

あとはもっとカッコよくなりたいという欲求がでできたら、しめたもの。
色々調べて追求していきましょう。

では。

★”ほむ”の一言★

馬子にも衣装